お客様サポート

最小加工寸法について

弊社の製品加工精度については、下記の図表を参考にご依頼ください。

寸法サンプル図

記号 推奨値 備考 記号 推奨値 備考
A 1 但し、Bが3mmとした場合 L 1 Mが3mm〜10mm必要
B 1 Aが3mm以上あれば0.1でも可 M 0.5 Lが3mm程度必要
C 1   N 0.5 Uが3mm〜10mm程度必要
D   Aと同様 O 1 周辺の形状により0.5でも可
E   Bと同様 P R0.35〜R0.4 刃の硬さにより変わります
F 0.7〜0.8 刃の硬さにより変わります Q 0.7〜0.8 刃の硬さにより変わります
G R0.35〜R0.4 刃の硬さにより変わります R R0.1〜0.2 但し、0.3R・0.4Rは難あり
H 0.7〜0.8 刃の硬さにより変わります S 0.35以上  
I R0.35〜R0.4 刃の硬さにより変わります T 1 周辺の形状により0.5でも可
J 1 Vが3〜10mm程度必要      
K 1 Jが3mm以上必要      

ご注意

  • 複雑な形状が連続する場合はさらに条件が制限されます。
  • 推奨値未満をご希望の際は別途お問い合わせください。
  • 打ち抜く製品により対応寸法が異なります。
  • 形状間のピッチにより刃組工法が異なります。

お問い合わせ先

仕様等で不明な点がございましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。

株式会社名古屋刃型
TEL.0586-61-7722(代)
メール:cadwg@nagoya-cut.co.jp